【エアコン購入】100V用と200V用の違い!!電気代は高くなるの??

最近よく目にする200V電源用のエアコン。

実際にエアコンを購入しようと考えた時に、100V用のエアコンと200V用のエアコンではどこに違いがあるの??と疑問を抱かれる方も多いと思います。

実際に都城の家電量販店エディオン都城、ヤマダ電機都城店、ベスト電器都城店などのエアコン売り場に行って販売員に説明されてもいまいちピンとこないこととか、あらかじめ知識をいれてから、じっくり検討してみたいこととか思うこともあると思います。

 

エアコン100V用か200V用

 

今回はこの電圧の違いによってエアコンの性能がどのように変わって日々の生活を送る上で少しでも快適な暮らしを実現するための知識を共有できればいいなと思います。

 

エアコン購入 100Vにする?200Vにする?

よく200Vのほうがお部屋がすぐに冷えたり、暖かくなると聞きますが実際はどうでしょうか??

 

そもそも電圧ボルト(V)の違いによって何が変わるのか?

ボルトは電圧の大きさを表す単位です、そして電圧は電気を流す圧力のようなものです。

もっと簡単にご説明させていただくと

注射器を思い浮かべてください。注射器の中に水がはいっていたとします、そのまま注射器を押すと針の先の方から水が出てくるのがイメージできると思います。

その注射器の中の水を押しだす力が電圧、針の先からでてくる水の量が電流です。

注射器を押す力が強いほど、出てくる水の量も多くなるのが分かると思います。

 

よく200Vのほうがお部屋がすぐに冷えたり、暖かくなると聞きますが実際はどうでしょうか??

上でご説明させて頂いたことからも200Vのほうが部屋がすぐに冷えて、暖まりやすいということになります。

100Vエアコンよりも、200Vエアコンのほうが大きなパワーで風を送ることができるためその分部屋が冷えやすくなります。

 

200Vエアコンの電気代はどうなる??

正直あまりかわりません。

 

家庭の電気代というのは電圧ではなく消費電力量(Wh)によって変わってきます。

そのため電圧が200Vであろうと100Vであろうと消費電力量が変わらなければ電気代は変わりません。

 

ただ200V用のエアコンは100V用のエアコンに比べて電圧が高いため広い部屋を瞬間的に冷房するための電力量

が必要になるため必然的に200V用のエアコンを設置した場合は電気代が少しは高くなると思います。

あくまで同じ性能冷房能力の100V用と200V用エアコンを比べた場合に電気代はあまり変わってこないということです。

 

とまぁ~こんな感じで説明しても素人の方にはなんだかいまいちピンとこないと思います( ;∀;)

 

実は分かりやすい基準値があってそれを参考にしながらエアコンを購入するほうが賢い買い方だと思います。

 

電気代を節約!!コスパのいいエアコンの見極め方~

省エネ性能に注目!!

省エネ性能が高いエアコンを選ぼう!!

 

エアコンの省エネ性能の年間別推移

(※1)冷暖房兼用・壁掛け形・冷房能力2.8kWクラス・省エネ型代表機種の単純平均 (出典:(社)日本冷凍空調工業会)

上のグラフから分かるように年々、エアコンの電気代は安くなっています。

これはメーカー各社が省エネ性能が高いエアコンを開発、研究に力を入れていることの裏返しとも言い換えられます。

 

つまり。。。

電気代をより節約できるエアコンを選ぶためには。。。

この省エネ性能という値を基準にすることで電気代が安く抑えることのできるエアコンを検討できるようになります。

 

以下、ダイキンエアコン12畳用エアコン 冷房能力4,2kwのE、F、Aシリーズを電気代を基になる省エネ性能を基準にして比較してみると。。。

 

ダイキン エアコン_Eシリーズ

 

ダイキン エアコンのEシリーズ

ダイキン エアコン_Eシリーズ_スペック

 

 

画像の右下ピンクで囲ってあるところの値が省エネ性能です。

省エネ性能=通年エネルギー消費効率=4.9

 

ダイキン エアコン_Fシリーズ

ダイキン エアコンのFシリーズ

 

ダイキン エアコン_Fシリーズ_スペック

画像の右下ピンクで囲ってあるところの値が省エネ性能です。

省エネ性能=通年エネルギー消費効率=5.3

 

ダイキン エアコン_Aシリーズ

ダイキン エアコンのFシリーズ

ダイキン エアコン_Aシリーズ_スペック

画像の右下ピンクで囲ってあるところの値が省エネ性能です。

省エネ性能=通年エネルギー消費効率=6.5

 

この冷房能力が同じ3つの機種で通年エネルギー消費効率を比較してみると

スタンダードモデルのEシリーズでは4.9

ミドルレンジモデルのFシリーズでは5.3

ハイスペックモデルのAシリーズでは6.5

 

上位機種ほどエアコン本体の値段は高くなりますが、1年間の電気代がAシリーズとEシリーズとではおよそ1万円安くなる計算になります。

 

エアコンは買って終わりではなく、車とガソリンの関係のように電気代というランニングコストが発生してきますのでそのことを踏まえてエアコンを購入される際は検討してみるのもいいかと思います。